分流器    関連問題

電流計に過大な電流を流すと壊れてしまうので、電流計に流せる最大電流が決まっている。最大電流を超えて測定を行いたい場合には、電流計と並列に抵抗Rを入れて、抵抗Rに電流のほとんどを流すようにする。この抵抗を分流器と呼ぶ。
電流計の内部抵抗を
rとすると、電流計に流れる電流と分流器に流れる電流の比は、Rrになるので、両電流の和をIとして、電流計に流れる電流は、となり、電流計の読みを倍することにより、電流Iを測定することができる。
例えば、内部抵抗
9Wの電流計であれば、1Wの抵抗を電流計と並列に接続することにより、電流の測定値は電流計の読みの倍になる。


   物理基礎事項TOP   物理TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005,2006,2007,2008,2009
(有)りるらる
CFV21 随時入会受付中!
CFV21ご入会は、まず、
こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」購入