力学的エネルギー保存則    関連問題

 運動エネルギー位置エネルギーの和を力学的エネルギーと言う。
複数の物体があって、これらに
仕事を与えるような非保存力が存在しない場合、これらの力学的エネルギーの総和は一定になる。これを力学的エネルギー保存則と言う。

解説 保存力を受けて、質量mの物体が位置から位置まで移動する間に、速さからまで変えたとすると、
エネルギーの原理より、
位置エネルギーを考えると、
 

これは、移動前後で物体の力学的エネルギー(運動エネルギーと位置エネルギーの和)が変化しないことを意味します。

系の中に
非保存力が存在していても、運動方向と垂直になっていて仕事をしないために、力学的エネルギーが保存されるという設定は、入試問題では頻出です。
糸につながれた振り子の運動では、おもりに働く張力は、運動方向と垂直なため仕事をしません。
摩擦のない斜面上を転がり落ちる物体の運動では、斜面が物体に及ぼす垂直抗力は、運動方向と垂直なため仕事をしません。

非弾性衝突では、力学的エネルギーが保存されないので、力学的エネルギー保存の式を立てることはできません。外力がなければ運動量は保存されるので、
運動量保存の式は立てることはできます。
力学的エネルギー保存の式を立てることができないのに、運動量保存の式を立てる問題があることに注意してください。
力学的エネルギー保存成立のための条件
(仕事を受けない)と、運動量保存のための条件(力積を受けない)の違いによく注意してください。


   物理基礎事項TOP   物理TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005,2006,2007,2008,2009
(有)りるらる
CFV21 随時入会受付中!
CFV21ご入会は、まず、
こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」購入