CHALLENGE from the VOID
         −京大物理入試問題の研究−
 
 こちらでは、京都大学の物理の入試問題の内容について検討して行きたいと思います。
 京大物理の特徴は、空所補充形式であることと、問題文がやたらと長い、ということです。
 空所補充形式では、前半の計算ミス、考え違いが命取りになります。しかも、後半に行くほど難度が上がるので、前半でミスしてしまうと、後半でムダに時間を使うことになり致命傷になってしまいます。
 また、ゆっくり問題文を読んでいると時間が足りなくなります。普段から、科学ものの本をよく読み込んでおく必要があります。問題のボリュームもあるので、問題演習を積んで処理速度もつけておく必要があります。

 
 2020年前期   2013年前期   2012年前期   2011年前期   2010年前期   2009年前期   2008年前期   2007年前期
 2006年前期   2005年前期   2004年前期   2003年前期   2002年前期
 物理基礎事項   物理TOPに戻る
 VOID氏の主張   苦学楽学塾 ホームページ   苦学楽学塾 ブログ   TOPに戻る
 


(有)りるらる
http://www.riruraru.com/