東工大数学'06年前期[1]

以下の問に答えよ。
(1) 自然数nに対しを求めよ。
(2) 次の不等式を示せ。
 ()
(3) aを正の数とし、aを超えない最大の整数をで表す。が奇数のとき次の不等式が成り立つことを示せ。

解答 (1)(2)は教科書の例題レベルの問題ですが、(3)はガウス記号まで登場するので複雑そうに見えます。実は、(3)も、B式を利用して積分区間を分けてしまえば、(1)(2)が利用できる形になります。結局、n:奇数のとき、というだけのことなのですが、この奇数nと書いて、などとすると、難問に見えてしまうのが不思議です。なお、三角関数絶対値を含む積分を参照してください。

(1) は周期p の周期関数(三角関数のグラフを参照)で、ゆえ(の積分は、不定積分の公式を参照)
......[]

(2) 関数のグラフは、において上に凸(関数の凹凸を参照)なので、原点を結ぶ直線:から上側にあります。
従って、において、
とおくと、において、
 ・・・@
また、より、
 (定積分と不等式を参照)
両辺からsを引いて、
 ・・・A
@,Aより、

(3) 与不等式中の積分について、とおくと、tのとき、x
 (置換積分を参照)
とおくと、 () ・・・B
Bを用いて、定積分
Iの積分区間を分けると、
 ・・・C
C式のカッコ内の第1項の積分は、(1)において、と考えると、
が奇数であるとき、 ()となるxについて、とおくと、であって、
より、
C式のカッコ内の第
2項の積分は、
(2)より、
よってCより、 ・・・D
左辺は、Bより、
D式各辺から
1を引いて、
 ・・・E
E式の右辺は、Bを用いて、



   東工大数学TOP   数学TOP   CHALLENGE from the VOID   TOPページに戻る

(C)2005,2006,2007,2008,2009
(有)りるらる
CFV21 随時入会受付中!
CFV21ご入会は、まず、
こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」購入