確率分布と統計的推測

Xがとりうる値xに対して確率が決まる関係を、確率分布と言います。また、X確率変数と言います。確率分布には、色々なものがありますが、ここでは、二項分布と正規分布を取り上げます。正規分布を利用することにより、全数調査が困難な対象であっても、標本調査することによって全体の性質を推定することができます。

ここで学習する内容は、以下の通りです。各項目をクリックしてください。


確率分布 確率分布の基礎事項を学習します。
同時分布 確率分布を調べる上で重要となる独立という考え方について学習します。
二項分布 反復試行において事象Aが起こる回数が従う確率分布を二項分布と言います。二項分布について学習します。
正規分布 連続な値を取り得る確率変数が従う確率分布に正規分布があります。正規分布には色々な応用が考えられます。
母集団と標本 母集団から標本を選んで標本調査を行う上で基礎的な考え方を学習します。
推定 正規分布を応用して、母集団の平均、特定の性質を示すものの比率を推定する方法を学習します。


   数学基礎事項TOP   数学TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2021
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元