積分法の基礎

積分法は微分法の逆操作ということができます。ここでは、整関数:,主として、の場合について、積分法を扱います。
 定積分の計算により、曲線・直線で囲む面積を計算することができます。

ここで学習する内容は、以下の通りです。各項目をクリックしてください。


不定積分 となるとき、から導関数を求める操作を「微分する」と言いますが、から原始関数を求める操作を「積分する」と言います。 (C::積分定数)と書いて不定積分と言います。
定積分 の原始関数のうちの一つをだとして、を定積分と言います。不定積分は関数ですが、定積分は値です。
定積分と面積 定積分は、曲線の部分と、x軸の間に挟まれた部分の面積に対応します。
定積分と微分  (積分して微分すると元に戻る)
定積分の公式 定積分の面倒な計算を省力化する公式を学びます。
絶対値を含む定積分 絶対値を含む定積分の計算法を学びます。



   数学基礎事項TOP   数学TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2021
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元