式と計算

中学数学からの延長と高校数学への導入をかねたセクションです。
さまざまな関数、微分・積分を取り扱うのに当たって必要になる、文字式の計算法を学習します。

ここで学習する内容は、以下の通りです。各項目をクリックしてください。


単項式・多項式 のような式を多項式と言います。
指数法則 
展開 と変形する操作を展開と言います。
因数分解 展開とは逆にと変形する操作が因数分解です。
因数分解の技法 覚えておかないと因数分解が即座に行えない技巧があります。
実数 我々が日常扱っている数は実数です。
平方根 平方根は、2乗の逆の計算です。
実数の絶対値 負の数の絶対値はマイナスをとってプラスに変えたものです。
分母の有理化 分母に根号を含むときに簡単な式に直します。
1次方程式・1次不等式 方程式・不等式の基礎。
絶対値記号を含む1次方程式・1次不等式 絶対値記号をまず外してから計算します。
関数 高校では、いろいろな関数が出てきます。関数とは?
1次関数 1次式で表される関数が1次関数です。



   数学基礎事項TOP   数学TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2021
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元