微分法の基礎

 ここでは、整関数:,主として、の場合について、微分法を扱います。
微分法により、増減や接線を調べることができます。

ここで学習する内容は、以下の通りです。各項目をクリックしてください。


平均変化率 関数に対して、を平均変化率といいます。
微分・導関数 微分係数,導関数:の定義を学び、基本的な関数の導関数を求めます。
接線と微分係数 曲線:における接線は、です。
3次関数の増減 微分法により関数の増減を調べることができます。増減表の書き方、が正なら増加、負なら減少であることを学びます。
3次関数の最大最小 微分法を利用して増減を調べれば、3次関数の最大値、最小値を求めることができます。
3次方程式 3次方程式を微分法を使って調べ、カルダノの解法を学びます。
微分法の方程式への応用 微分法を利用して3次方程式の解について調べる方法を学びます。
微分法の不等式への応用 微分法を利用して不等式を証明することができます。


   数学基礎事項TOP   数学TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2021
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元